中国規制データバンク

《化粧品中のフェナセチンの試験方法(意見募集案)》等7个の意見募集

投稿日 :2024年5月15日

2024年5月15日に、中国食品薬品検定研究院は化粧品の技術基準の更なる向上を図るため、「化粧品中のフェナセチンの検査方法(意見募集草案)」を含む7件の意見募集案を公表し、現在意見募集を行っている。

1 「化粧品中のフェナセチンの試験方法(意見募集案)」適用範囲

この方法は、高速液体クロマトグラフィー質量分析法を使用して化粧品中のフェナセチンを測定することを規定している。

この方法は、クリーム、液体、ジェル、パウダーなどの化粧品中のフェナセチン含有量の測定に適している。

 

2「化粧品中のグルクロン酸等14原材料の検査方法(意見募集案)」適用範囲

化粧品中のグルクロン酸など14種類の原材料の含有量を高速液体クロマトグラフィーにより定量する方法である。

この方法は、水性化粧品、ジェル化粧品、クリーム化粧品、ローション化粧品中のグルクロン酸など14種類の原材料の含有量の測定に適している。

この方法でいう14原料とは、グルクロン酸、酒石酸、グリコール酸、リンゴ酸、乳酸、クエン酸、2-ヒドロキシ酪酸、乳酸メチル、マンデル酸、乳酸エチル、乳酸ブチル、ジフェニルグリコール酸、クエン酸トリエチル、及び、ヒドロキシオクタン酸である。

 

3「化粧品中のグルコン酸等3原料の検査方法(意見募集案)」適用範囲

この方法は、化粧品中のグルコン酸を含む3つの原材料の含有量を高速液体クロマトグラフィーにより定量するものである。

この方法は、水性化粧品、ジェル化粧品、クリーム・ローション化粧品中のグルコン酸など3つの原料の含有量の測定に適している。

この方法でいうグルコン酸等の3つの原料とは、グルコン酸、ラクトビオン酸、及び、グルコノラクトンのことである。

 

4 「化粧品中のヒドロキシデカン酸の試験方法(意見募集案)」適用範囲

この方法は、高速液体クロマトグラフィーによる化粧品中のヒドロキシデカン酸の測定を規定している。

この方法は、水性化粧品、ジェル化粧品、クリーム化粧品、ローション化粧品中のヒドロキシデカン酸含有量の測定に適している。

 

5.「化粧品中の石綿の検査方法(意見募集案)」適用範囲

この方法は、偏光顕微鏡、走査型電子顕微鏡エネルギー分光計及びX線回折装置を用いて、粉末化粧品、ブロック化粧品、クリーム化粧品、乳化粧品及びその原材料に含まれるアスベストを測定する方法を規定している。

この方法は、粉末、塊、クリーム、乳化粧品、及び、それらの原料中のアスベストの測定に適しています。

6.「歯磨き粉中の可溶性フッ素及び遊離フッ素の試験方法(意見募集案)」適用範囲

この方法は、歯磨き粉中の可溶性フッ素と遊離フッ素を測定するためのフッ化物イオン選択電極法を規定している。

この方法は、歯磨き粉中の可溶性フッ素及び遊離フッ素含有量の測定に適している。中でも、可溶性フッ化物検出法には、モノフルオロリン酸ナトリウムまたはモノフルオロリン酸ナトリウムとフッ化ナトリウム(フッ化第一スズ、フッ化アンモニウム、オラフッ化物)を用いたフッ素含有歯磨き粉に適している。

 

  1. 「体外皮膚アレルギーARE-Nrf2ルシフェラーゼLuSens試験法(意見

適用範囲」

この方法は、体外皮膚アレルギー ARE-Nrf2 ルシフェラーゼ LuSens 試験の基本原理、要件、及び、方法を規定している。

この方法は、化粧品に使用される化学原料の潜在的なアレルギー誘発性の評価に適している。

意見募集期限は2024年6月10日です。それまでご意見がございましたら、 info@crdb.jp へご連絡ください。

上記資料の和訳についてご興味がございましたら、 info@crdb.jpまでご連絡ください。

 

原本確認👇

https://www.nifdc.org.cn/nifdc/bshff/hzhpbzh/hzhpbzhtzgg/202405151328081076899.html